2017年度デザイン関連学会シンポジウム「バウハウスとデザイン思想」


■開催日時:2017年9月30日(土) 13時―17時
■開催地:京都工芸繊維大学 創立60周年記念館(東部構内・中央東門横)
交通アクセスキャンパスマップ
■主 催:意匠学会(2017年度)

近代デザイン最初の重要な教育機関として知られるバウハウスが1919年に創設されてから、2019年で百年目を迎えます。1933年に閉校しましたが、その影響はアメリカ等を経て諸外国に広がり、戦後のドイツや欧州諸国でも新たな展開を示しました。バウハウス等の研究で知られる宮島久雄氏による基調講演、デザイン関連学会のパネリストとコメンテーターによる関連報告とコメントの後、聴衆の皆さまを含め、ディスカッションを行います。テーマは「バウハウスとデザイン思想」で、近年論議の行われることがやや少ないデザイン思想について、「バウハウス創設百年」の意識を通じて、積極的な意見交換が行われることを期待します。各デザイン関連学会会員以外の一般の方も参加できます(*懇親会参加ご希望の方は、会員も含め、下記の通りご連絡ください)。

■プログラム
シンポジウム「バウハウスとデザイン思想」

13:00-13:10 開会挨拶と基調講演者等ご紹介  藤田治彦・高安啓介(意匠学会)
13:10-13:50 基調講演「バウハウス創設百年」 宮島久雄
13:50-14:00 休 憩
14:00-14:25 「マルセル・ブロイヤー:理性と感性」藤田治彦(意匠学会)
14:25-14:50 「バウハウスの影響:記録と現実感」小林昭世(基礎デザイン学会)
14:50-15:15 「芸術工学とバウハウス:その教育と実践」小山 明(芸術工学会)
15:15-15:25 休 憩
15:25-15:40 コメンテーター1・松岡由幸(日本デザイン学会)
15:40-15:55 コメンテーター2・面矢慎介(道具学会)
15:55-16:50 ディスカッション
16:50-17:00 閉会の挨拶 塚田 章(意匠学会会長)
17:30-19:30 *懇親会(京都工芸繊維大学 プラザKIT)

*懇親会(参加費:3000円)参加ご希望の方は、氏名、所属学会名、メールアドレス、電話番号(基本的に携帯電話番号)を、以下のメールアドレスに9月15日までにお知らせください。

japansocietyofdesign+ds@gmail.com


デザイン関連学会:意匠学会、基礎デザイン学会、芸術工学会、道具学会、日本デザイン学会(50音順)